カードローンでお悩みの方必見!6社をまとめてご紹介

HOME > カードローンの豆知識 > カードローンの便利さはどなところにあるか

カードローンの便利さはどなところにあるか

カードローンの便利なところは、まずその申し込み方法にあります。ネットやスマホの環境があれば、だれでも簡単に申し込みをすることができます。これは、あくまで仮申し込みで、その後、本人確認の電話や職場への電話がある場合もあります。そして、申し込み段階で、許可した個人情報機関への照会があります。ここには、個人の借り入れの状況が全て記録されていて、三つの機関の情報交流も行われています。その照会では、借り入れの申し込みについても記録されおり、その人の経済状況が丸分かりとなってしまいます。無担保ローンであるカードローンでは、保証会社の承認が必要です。もしも返済金が払えない事態になったとき、肩代わりをする会社の審査がそれです。審査は、この個人情報に基づいて行われます。個人貸し付けの経験と実績が積み重なっている消費者金融会社が、これを請け負っています。

審査が通れば、手続きは簡単です。カードが送られてきて、自動支払機で、借り入れや返済が限度額の範囲で何度でも自由に行えます。しかし、借り入れが限度額に近づくと、ほとんど利息のみを払い、額金充当額をまた借りるという自転車操業状態に陥ってしまいます。色々な会社へ申し込み、そのカードの枚数や総額が膨らんでいきます。また、申し込みの記録も多数残してしまうことになります。このような良くない記録が積み重なっていくと、審査に合格することはだんだんと難しくなっていきます。銀行が一番難しくなり、次に信販会社、そして最後に消費者金融まですすむと、ある法律の壁が出てきます。それは、総量規制というものです。年収の三分の一以上に借入れすることができないというものです。これは、あくまで銀行以外の金融機関の貸付合計に適応されます。

カードの限度額は大きめに、そして利率をなるべく低くして、カード作成を減らすことが大切です。利用は、返済ということを真剣に念頭において、計画的に進めなければなりません。カードローンの便利さゆえに、いつのまにか借金が自己資金であるかのような錯覚になってしまうからです。自己破産や債務整理という処理にならないよう、社会的信用を失わぬように、活用の仕方を十分に考える必要があります。また、フリーのこうしたローンだけではなく、教育ローンなど、目的がはっきりしたローンを組むことで、金利を抑える努力も大切です。目的別のローンの利便性をよく理解し活用することも重要です。利息があらたな貸付を進めることがないように、心に戒めを持って、活用すべきは活用し、うまく付き合っていくことが求められています。

ページトップへ