カードローンでお悩みの方必見!6社をまとめてご紹介

HOME > カードローンの豆知識 > カードローンの申し込み方と諸注意

カードローンの申し込み方と諸注意

カードローンは、ネットやスマホから気軽に申し込むことができます。しかも、証書型と違って、限度額以内であれば何度でもいくらでも繰り返し借りることができます。電話による職場への確認についても、銀行名などを明かすことなく、個人名で対応してもらえます。ですから、きがねすることなく手続きを進めることができます。保証人もいらない、担保もない貸付です。ですから、代わりに保証してくれる会社が必要です。それが、保証会社です。保証会社は、信販会社や消費者金融会社が担っていることがほとんどです。それは、銀行などよりも個人貸し付けについて、長年の蓄積と経験があるからです。でも、表向きはあくまでも銀行のローンであることに変わりはありません。銀行の場合は、銀行法に基づいて貸し出しをしているので、限度額というものがありません。

一方、信販会社や消費者金融会社では、総量規制という法律に基づいて運用されています。これは、借りすぎでどうにもならなくなったり、貸し倒れされるのを防ぐねらいがあります。しかし、銀行のカードでは、その制限がなく、年収の三分の一以上にかりることができます。ですから、返済計画をよく考えて利用することが求められています。二枚、三枚とカードは増えて行きます。すると利息が利息を生んでいく状態ともなります。さらにカードの申し込みをすると、この人は信用度が低い人、お金に困っている人とみなされてしまいます。短期間でいくつもの会社の審査を受け、それが否決され契約に至っていないという情報が、相手方の金融機関に知れてしまうからです。金融会社が、この情報を手に入れる手段が、個人情報機関への情報提供依頼です。

カードの申し込みをするときに、個人情報機関に個人の借金や割賦販売に関する情報を照会することを許可するとチェックを入れているからです。このチェックを入れないと、手続きが前にすすまないのですからしかたがありません。このことによって、金融機関は、この人が何社からいくらぐらい借りているかという情報を手に入れるのです。返済の状態も書かれていますから、経済状態がまるわかりです。そこを判断基準として、審査の合否を決めているといっても過言ではありません。借受ができなければ、次々と数社に申し込みをすることとなります。これにより、申し込みブラックという状態になります。お金に困っている人という印象を与えてしまうのです。そうなったら、半年は静かにしていて、再チャレンジをする必要があります。

ページトップへ