カードローンでお悩みの方必見!6社をまとめてご紹介

HOME > カードローンの豆知識 > カードローンの選び方として重要な視点

カードローンの選び方として重要な視点

カードローンは、手軽に限度額まで出し入れして使えるカードです。しかし、限度額まで達してしまうと、利息の支払いに終始してしまうので、計画的な使い方が大切です。ネットなどで、所要事項を入力し仮申し込みをします。その後、職場や個人の携帯などに確認の電話が入ります。職場の場合は、個人名で対応してくれるので、職場の人たちの目を気にすることはありません。肝心なのは、保証会社の保証をしっかり受けられるかどうかです。その鍵を握るのは、三社ぐらいある個人情報機関の個人データです。このデータは、個人でも手に入れることはできます。どこでいくら借金しているか、返済の具合はどうか、カードローンだけではなく、携帯電話の割賦販売代も含めて、借りているお金の状態を把握できるデータです。

申し込み状況についてもまとめられています。返済や資金繰りに大変な人は、多くの会社へ申し込みをして、その審査を受けています。審査に受かった上で、契約をせずにいるという記録ならば問題ありませんが、審査に落ちて契約できないでいる状況を見透かされれば、この人は金に困っている人というらく印を押されてしまいます。すると信用度が低くなり、審査で否決される可能性が高まります。この状態が、申し込みブラックというものです。一度そうなってしまったら、半年はなにもせず静かにして、再度チャレンジする形となります。職業や年収も重要な審査通過の要素となりますが、個人情報のウエイトは、大変高いといわざるをえません。特に、信販会社や消費者金融からの借入れは、総量規制といって法律で、年収の三分の一以内という制限もあります。そのルールを守る必要もあります。

その点、銀行については、銀行法に基づいて運用されているので、総量規制の対象とはなりません。しかし、三分の一を超えいている状態は、審査通過にとって良い状態とはいえません。利息が利息を生むとはよく言ったものです。一度、カードを利用すると、便利なのでついつい枚数が増えていってしまいます。すると、もう取り返しがつかないほどに借金が大きくなる場合もあります。便利ですが、色々なルールを守って、計画的に利用することが大切です。自転車操業的に、返済しては元金分をまた借りなおすというやり方では、利息だけ支払っているのと同じです。元金は少しも減少しません。返済遅れなどに対しては、二ヵ月後ぐらいに全額返済を求められるペナルティーもあります。節度を守った借り受けを心がける必要があります。

ページトップへ