カードローンでお悩みの方必見!6社をまとめてご紹介

HOME > カードローンの豆知識 > カードローン手続きの流れと金融機関選択

カードローン手続きの流れと金融機関選択

カードローンは、昔の消費者金融と違って、手軽で安心感の高い仕組みです。怖い取立てもなければ、係りの人と面と向かってお願いすることもありません。ネットやスマホで、画面を相手に入力するだけです。たまに電話確認もありますが、緊張するものでもありませんし、他人の目を気にする状況も起こりません。一番大切なのは、保証会社の審査です。これに通過しなければ、カードを作ることはできません。無担保ゆえの大切な部分です。保証会社は、個人貸し付けで実績のある消費者金融会社が請け負っています。その審査基準はというと、年齢や職種、年収なども関係しますが、最も大切なのは借金の状況です。どれだけの会社から、どのくらいの金額を借り受けているのか、その返済状況はどうかという点です。この部分については、個人情報機関のデータから明らかにされることになります。

入力や電話の受け答えで、どんなに取り繕ったとしても、データを照会されたなら、全てが明らかにされてしまいます。このデータ照会を許可するのは、申し込み者自身です。申し込みフォーマットの中で、個人情報機関にデータの照会をしますれどよろしいですかというチェックが必ずあります。この個人の承諾にのっとって、金融機関はデータを見ることができるわけです。そこには、あらゆる借金の情報が載せられています。普通のローンのほかに、携帯電話の本体の割賦販売代金やクレジットの状況まで全てです。また、借受の申し込みをした実績についても記録として残されています。この数が多い割りに契約に至っていない場合、否決されたのだとすぐに判明してしまいます。お金に困っている人間、信用性が低い人間ということになってしまいます。

そんな状態ではなく、きれいな状態であれば、審査は簡単に通ってしまいます。カードは、本人が直接自宅で受け取るという厳重な届き方をすることが多いです。頼めば、郵便本局の窓口で受け取ることも可能です。好きなときに、好きな額だけ、自動支払機から現金が出てきます。ですから、返済のことも計画的に考えながら利用することが大事です。意識しないうちに、カードの枚数と総額が増え、利息だけを払う自転車操業的な使い方に陥ってしまいます。コマーシャルで訴えている、ご利用は計画的にという言葉は、まさに真剣に考慮しなければならない戒めです。そのお金は、自分の稼いだものではなく、人のお金を借りているのだという自覚をしっかり持って、便利に利用することが大切です。社会で生きていくからには、社会的な信用を大切にしていかなければなりません。

ページトップへ